女子の笑い方は会話を

笑い美女

 

「女子 笑い方」で検索すると、ネット上では本当に笑い方の「種類」がただ書かれてるだけですね。

 

 

笑い方といっても別に普通に笑えばいいわけです。あんまり「ガハハハハハハ」と男らしく笑うのはだめですけど女性が普通に笑えば、だいたいかわいくなります。笑い方は普通に笑えばそれで充分ですね。

 

 

ただ、笑い方については「下品でなければ」大丈夫です。そのくらいの認識でいれば女性はいいでしょう。

 

 

それ以上に本当の「笑い方」の威力はその場にいる会話する相手との「親密度」を上げていく重要な武器になります。

 

 

たとえば単純に自分の話を楽しそうに笑ってくれたら好感度は高いですよね。

 

 

ただ、笑い方でも最初から一気に「爆笑」するとそのあと会話が続いていくかというとそうでもありません。

 

 

笑いは「徐々にテンションを高くしていく」というのが最大のポイントです。

 

 

いきなりトップギアにするともうそのあとの笑いが最初から最高になっているので会話のテンションが大きくなりにくいということがあります。

 

 

ここでは会話における「笑い」の使い方を実際に見ていきましょう。

 

 

笑いは「強さ」と「タイミング」が命です。 これは相手との話を盛り上げていくためのテクニックです

男女会話

普通の人は「笑い」を会話の効果的なテクニックとして使うことはしていないでしょう。

 

 

それでいいと思います。ただ、笑いを「会話のテクニック」として使うと相手との親密度を上げて相手との距離感を縮めるのに大きく役に立ちます。

 

 

具体的にたとえば初対面の相手とします

虫眼鏡女子

たとえば初対面の男性と話すとしましょう。シチュエーションは二人でカフェにいるとします。

 

 

合コンで知り合って、初めてカフェで二人きりで話すということにします。

 

 

最初は緊張していますが、相手男性が気を使って話を振ってくれます。

 

 

その時に「笑い」を「ちょっとずつ大きくしていく」というテクニックを使います。

 

 

最初から思い切り大きな笑いをするのはダメです。そうすると最初にテンションがいきなりMAXになってそのあとの会話がそれ以上テンションが上がることなく、下がっていく可能性が高いからです。

 

 

最初は相手の話に対して「クス」っと笑うくらいでいいでしょう。そしてだんだんと相手の会話が出てくるにつれて笑いの大きさを「徐々に」高くしていきます。

 

 

「アハ」→「アハハ」→「アハハハ」

 

 

みたいな感じです。このとき、笑いの声も徐々に大きくしていきます。

 

 

会話を始めてから30〜1時間くらいたったら笑いをマックスにもっていきます。

 

 

そして会話終了までが2時間くらいだとすると、会話内容が大きく盛り上がっていきます。

 

 

ポイントは「最初は笑うけど、最初から大きな笑いを出すのではなく、だんだんと笑いを大きくしていく」ということを「意識的に」行っていきます。

 

 

 

よく友達との会話でも最初思い切り盛り上がって、そのあとテンションがだんだん下がってグダグダになるってこと経験したとありませんか?

 

 

最初にテンションが高いのは悪くはないですが、会話がそのあと高確率でグダグダになっていきます。

 

 

笑いをつかって会話のテンションを「徐々に」上げていくことができれば会話のテンションはグングン上がっていくということです。

 

 

ここまで「笑い方」を会話戦略で使っている人はほとんどいないのでかなり差別化できます。

 

 

こういうことを考えているのは「本当にできるカウンセラー」とか「本当の詐欺師」なんかがこういうテクニックを使います。

 

 

こういう笑い方を身に着けて言うと相手がノッてきてテンション上がり話しやすくなります

ひらめき

こういう笑い方を身に着けていると、相手とのテンションを徐々に上げていくことができるので、相手がすごくコミュ障とかじゃない限りだいたい盛り上がります。

 

 

「でも、面白くない話でも笑ったほうが良いの?」と思う人もいるでしょう。

 

 

ここはあなたが相手をどう思っているかで判断します。

 

 

その会話相手と親密になりたいなら、あまり面白くない会話でも笑うほうが良いです。別に盛り上がって親密になりたくないなら話が詰まらなければ適当にスルーしてもいいです。

 

 

笑い方のテクニックなので、使うか使わないかはその場で判断してください。でも本当につまらない話をする人は正直魅力を感じないので、親密になる必要が無いパターンも多いですよね。

 

 

ただ、仕事とかで営業をやっている人は、お客さんの話がつまらなくても絶対に笑いのテクニックを使ったほうが良いです。仕事ですからね。それをやるとやらないとではかなり親密度が違ってきますので。

 

 

笑いは相手から話を引き出す「ツール」と考えましょう

 

 

どうですか?今までこういった「笑い」に関しては笑いたいときに笑っているだけですよね。

 

 

こういった「徐々に笑いのテンションを高くしていく」という意識を持っていけば話がグダグダになる危険も低くなるので憶えておくといいでしょう。

 

 

相手の会話に「笑い」を当てていくと「究極の聞き上手」になっていきます。

 

 

特に女性は男性の話で笑ってあげるだけで男性はノリノリで話してくるので、ある意味「楽」です。

 

 

笑いの技術を知っていると本当に会話が楽になってきます。

 

 

笑いのテクを身に着けるため男性のいる場所にいこう

スマホ

笑いのテクを見いつけるには、やっぱり男性と会話の場数をふんでいくのがてっとりばやいです。

 

 

 

男友達など積極的に話していくといいでしょう。もし周りに男性がいない場合は「出会い系」の利用をおススメします。

 

 

「出会い系」は周りに男性のいない女性にとっての出会いのツールとしては最強のものです。

 

 

「出会い系ってなんか怪しくない??」というイメージもまだありますが、それは2000年代前半の話です。

 

 

スマホの普及で使い勝手もよくなり定番の出会いツールになっている出会い系。

 

 

最近は出会い系も老舗の出会い系がクリーンな経営を行っています。

 

 

また、サイトはスマホ仕様で使いやすく、年齢確認も行い登録している人の身元もしっかりしています。

 

 

特に老舗の出会い系サイトは登録人数が400万人を超えて、一番熱い出会いのスポットになっています。

 

 

ここでは私が彼氏ができた「PCMAX」をおススメします。

 

 

PAMAXはアクティブユーザー(サイトを実際使っている人数)は200万人以上です。

 

 

とにかくサイトが使いやすく初心者でも簡単に利用できます。

 

 

出会い系を使うと驚くほど男性との出会いが簡単になるので、男性に慣れるにはもってこいのツールです。

 

 

ただ、「好みの男性」と出会うにはある程度の人に合って行く必要があります。

 

 

 

いきなり最初に会った男性が、いきなり「好みの男性」というとは相当運がいい場合だけです。

 

 

10〜20人くらい男性と会って行くと1〜2人くらいは必ず好みの男性に合うことができます。

 

 

世の中のイイ男がそれくらいの確率ですからこんなものですね。

 

 

でも、逆に言うと10人くらい会えれば、かならず好みの男性は1人は現れます。

 

 

あなたが好みの男性と良い出会いがあることを祈っています。

 

 

 

→参照:PCMAX登録方法

 

 

 

 

 

PCMAX以外でサブで使っているサイト

 

 

彼氏できないのはなぜ?彼氏の作り方の5つのポイントトップページへ

関連ページ

性格に難ありの女性はモテるようになるのか?ちょっとした訓練で性格も良くなりますよ
性格に難のある女性はちょっとした思考の訓練で性格を丸くして良くすることができます。性格が自分で「悪いなあ」と自覚がある女性は必見です。
男が好きな人にとる行動の現実 男性の本当の行動を理解していることが大切です
男性が好きな女性に取る行動はシンプルです。これを理解していると恋愛で大きく有利になるので、ポイントを押さえておきましょう。
クリスマスまでに彼氏を作りたい女性は自分の環境を冷静に見てみよう
クリスマスまでに彼氏を作りたいという思いは強いですよね。ただ、そういった強い気持ちは「焦り」を生むので期限を決めた彼氏つくりはやらないほうが無難です。
大学生で彼氏なしの状況はそんなに悲観することはなし 自分のペースで出会いを作ろう
大学生で彼氏なしだとついつい焦ってしょうもない男と付き合ってしまうこともあります。自分好みの男性とつきあうのが恋愛での面白さです。焦らず行きましょう。
さばさばした女性はモテる理由とモテる要素を詳しくご紹介
さばさばした性格はモテるといわれていますが、これは本当です。その理由と「さばさばした性格」に近づくための方法をご案内します。